からふる

プロフィール

Color Lab. for full Life設立の動機は

色彩検定対策講座の多くが大半の時間を座学に費やしています。しかしメタメリズムや演色などを言葉で伝えるのは難しく検定が終わった瞬間に忘れてしまう。これでは何のために学ぶのか。色や光の諸現象は観て、触れて、体感することなしに理解することも、魅せられることもない。これがColor Lab. for full Life設立の第一の動機です。

for full Lifeにはどんな思いが込められていますか

J-colorの「ライフケアカラー」に出会ったのがきっかけです。地域包括支援センターの方から、色を使った介護予防教室をという依頼を受け、ライフケアカラー3級テキストをベースに講座を行いました。評判は口コミで広がり、次々に依頼が舞い込み、色の果たす社会的役割を再認識しました。そういう意味を込めています。full LifeとしたのはCoLafuL(からふる)のゴロ合わせです。

市場丈規 ICHIBA TAKENORI

Color Lab. for full Life(色彩研究所「カラーで生き生きライフ」=通称「からふる」)主宰
日本色彩学会会員 同くらしの色彩研究会 幹事

略 歴

名古屋大学工学部応用化学科を卒業後、中堅塗料メーカーナトコ㈱に35年間勤務。技術、営業(SE)部門を経た後、研究所色彩技術グループに所属し、主に建築外装材の意匠・カラー提案、社内の色彩教育などに従事。2009年10月定年退職後はColor Lab. for full Life(色彩研究所「カラーで生き生きライフ」)を設立。「観せる魅せる色彩講座」や「介護予防教室」の講師、色彩教材の開発・販売を行っています。
文系出身のカラリストの多い中で理系出身ならではの発想や技能に加え、物作り現場35年の経験を生かした独自の色彩世界を展開しています。

資 格

公益社団法人 色彩検定協会(AFT)認定色彩講師
東京商工会議所カラーコーディネーター1級環境色彩分野
一般社団法人日本カラーコーディネーター協会認定ライフケアカラー講師
NPO日本パーソナルカラー協会認定アシスタントアドバイザー

Mottoes of Color Lab. for full Life

"からふる"は観せることで魅せられる色彩教材と色彩講座を提案します。
"からふる"は認知症を予防するカラーを使った高齢者向け講座「カラーで生き生きライフ」を市町村、保健所、地域包括支援センター、社会福祉協議会、地域のボランティアと一緒に推進しています。
"からふる"は感性や感覚に頼りがちな色彩の世界を科学的に見つめる活動を積極的に推進します。